sometimesblogの日記

時々、まったり思った事をブログにしていこうと思います

平成も終わりですね

どうも、some君です。書くことも特にないのですが、多く書き続けていくことが大事

だと思うので、今日もまったりと書いていこうかなと思います(笑)

 

あと一週間で平成も終わりますね、、、平成生まれの僕からすると少し悲しいです

なんやかんや自分も長く生きたもんだなと最近よく思いますね

家の隣に小学校があるんですけど、それを見ながら

(あ〜この子達は、ラブ&ベリーやムシキング、TVだとはねるのトびらピカルの定理めちゃイケを知らないんだろうなー)

なんて思いながら隣を通ってます(笑)

小学生の頃は、まさか自分の大好きだったテレビ番組がなくなるなんて思ってもなかったし、自分がこうやってブログを書いてるなんて想像もしてなかったと思います。

 

あんなになりたかった大学生になってみると案外そうでもなくて、いつも昔の思い出を振り返り、『あの頃は良かったなー』なんて思ったりして、、、

まあ慣れたらそんなことも思わなくなるんですけどね

話がガラッと変わりますが、今の小学生は英語やプログラミングの必修化が行われてどんどん賢い下の世代が育ってきますね、怖いものです。

社会に出ると、上にも下にもそして機械までもがライバルとなるので今自分ができることをを考えて無駄な4年間にはしたくないものです

かくこともなくなってきたのでそろそろ終わろうと思います。

最後まで見てくれた人、ありがとうございました。

また暇なときにでも見に来てくれたら嬉しいです

最後に自分の一番好きなドラマのリンクを貼っておきます、ほんと面白いし結構前のドラマなので懐かしんでもらえたらなと思います。

 

ブログはじめて見ました

今日から、のんびりとブログを更新していきたいと思っているブログ初心者です。

色々拙い点も有ると思いますが、子どもの成長を見守る親の視点で見ていただけたらなと思います。

 

さて、ブログを書こうと思ったもののこういった類のものははじめてでして、

何を書こうと悩んだ結果、最近読み終わった本のお話でも出来ればなと思います。

 

自分が最近読んだ本というのは、乃木坂46 高山一実さんの書いた

トラペジウム』 です。(笑)

トプ画見て、もしや、、、と思った方もいると思うんですけど、

そうです。そうなんです。乃木坂46が好きなんです(笑)

ホントみんな可愛いんですよね、この記事を見たついでに、

トラペジウムと一緒に乃木坂についても興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

本の説明をはよしろよ!、そう思ったそこのあなた。今からします(笑)

主人公の高校1年生の 東ゆうがアイドルになる為に東西南北の可愛い女の子をスカウトしてアイドルを目指すといった物語です。多分ですが、トラペジウムという言葉は、

輝く若い星という意味でありそこにアイドルを目指す女の子を重ねたのだと思います。

この小説の中でお勧めしたい所は、行動描写が細かくイメーシを想像しやすい所と

独特な比喩表現です。

正直、私は高山一実さんが書いたので、読んでみようそんな感じでした。

でも、全然アイドルが書いたように感じられない言葉選び、逆にアイドルだから

こそわかるアイドルになることの大変さ、いろいろなことを感じ取れる小説でした。

 

少しでも興味を持った人や、読んでみたいなーと思った方は、ぜひ読んでみてほしいです。読んで後悔はしないかなと思います。

 

あと、乃木坂46にも興味もったよーて方がいたらぜひハマってほしいなと思います。

初ブログなのにほとんど乃木坂の話になってしまいました(笑)

こんな感じでブログを書いていこうと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございました。次もまた、このブログを見に来てくれたら嬉しいです。